雑誌の定期購読を止めてみたら、以前より読み込むようになっていた


 雑誌の定期購読を止めると節約できると以前の動画で言いました。その時の狙いとしては「別にタイムリーに情報がほしいわけでも無いから時々買えば良い」というものでした。特に自分の勉強ということであれば、雑誌に今日の鮮度を求めているのではなく、今年の鮮度を求めているわけです。 だから、毎日ではなく週一、毎月じゃなく隔月や三ヶ月に一度で良いというわけです。 また、古雑誌であればメルカリなどの個人売買で買ったり、会社や図書館の処分品を貰ったりする方法でも良いです。

しかし、雑誌を定期購読しないことに、知らなかった効果もありました。

月刊誌を半年読み込むと頭に入る

私も、『ニュートン』と『ダイヤモンドハーバード・ビジネス・レビュー』を定期購読していましたが、今では3ヶ月に一度程度にしています。 それによって購読料は削減できています。 でも、一冊の雑誌を半年くらいかけて読むこむことで、非常に多くを理解できるようになりました。

今まで雑誌は、一度読んで終わりという感じでした。なぜかそれで満足していました。しかし、一冊の雑誌を何度も理解できるように読み込むことで今まで以上の理解力を得ることが出来ています。

私の大好きな本「シンク・クリアリー」(Amazonで買う)では、一冊の本を何度も読むと利点があるとしています。理屈としては音楽と同じで初見では何も理解できないとのことです。音楽は何度も聞くのに、本は一度だけしか読まないのは変としています。本の中の余談ですが、ミステリは除くとのことです。結末がわかっているサスペンスなど誰も読みたくないということです。

本でもそうだから、エンジニアリング的に見て全く同じ雑誌も何度も読むことによって内容が深まるのではないでしょうか?

雑誌や新聞を定期購読しているが、あまり頭に入らないと考えている人は、定期購読を止めて、時々雑誌を買うようにして下さい。あと、古雑誌であればメルカリなどの個人売買で定期購読以下の値段で買うことが出来ます。

今メルカリで見たところ、ハーバード・ビジネス・レビューは500~600円程度です。ニュートンは300円から1500円と号数によっては高いものもあります。その中で、安い号を選んで時々買うと節約も出来ると考えます。


出費が激しい人がミニマリストを目指すのは間違えです

 ミニマリストは物が少ないから余計な出費が少ない。たしかに正論です。しかし、それは結果論でもあります。更に、お金を使ってでもシンプルな生活をしたいというミニマリストも存在します。だから、貯金をしたいからミニマリストを目指すと言うのは間違えです。

今まで買った物はとりあえず放置する

「お金を貯めたいから、今日からミニマリストになる」は止めて下さい。それより先にやることは単に出費を減らすことです。だから

「お金を貯めたいから、今日から出費をやめよう」が正しいです。ただ、全ての出費を止めることは無理です。そこで役立つのが私の好きな言葉である

「好きなことをやらない人生は最高」

です。単に好意を持った好きなことは相手せずに、大好きなことと必要なことに注力するという意味です。

ただ、お金を貯めるという意味では、とりあえず「大好き」も保留して「必要なこと」だけにお金を使って下さい。

「この本素敵だからほしい」は「この本を買わなくても生活できるから買わない」です。

「トイレの洗剤がなくなった」は「トイレが汚れると困る、だから必要だから買う」です。

食事の場合は必要と好きが混在しているので難しいので、「一人で食事する場合は栄養摂取として必要最小限の食事」とか「月に一度は大切な友達と大好きな食事をする」という形で出費を抑えて下さい。

今まで買った無駄な物が遊び道具になる

もし、ミニマリストを真似て不要物を全部捨ててしまった場合は、遊ぶものが全く無い状況になります。 でも、全て捨てていない場合は、これからの追加投資無しで遊ぶことが出来る物になります。

「この本素敵だからほしい」は「いや、家にまだ読んでいない本があるから代わりに読もう」

「この楽器買えば幅が広がる」は「そうだ、2年前に買ったギターや電子ピアノが家にあるから、それを練習すれば良いんじゃないか? 教則本も確かあったはず」

「このダイエット器具を買えば」は「倉庫の中に昔買った自転車が有ったな、少し整備して乗ってみよう」

「新しい英会話教材に惹かれる」は「子供がねだった英会話教材があったな、今はやってなさそうなので要らなければ貸してもらおうか」

となります。ミニマリストとしては無駄なものですが、新たな出費を防ぐという意味のものとしては役立ちます。

だから、とりあえず物は捨てずに、新しいことをしたい衝動に駆られたら自宅にある物のことを思い出して下さい。似たような方向性の使っていないものがあるはずです。

今、出費が激しいと感じている人はとりあえず必要な出費以外は止めて下さい。そして、新しいものが欲しくなったら今まで買った物を確認して下さい。

Amazonで節約術

浪費を経験した人は貯金に有利です

 


若いときに浪費して今は貯蓄がゼロ。私もそうでしたが、絶望する必要はありません。たしかに過去は取り戻せません。7つの習慣では過去は「関心の輪」です。気にかけることは出来るが、思い通りにはならない領域のことです。だから、今から貯金をすればよいわけです。

浪費した経験は重要です

事故や病気を経験した人はその辛さを知っています。また、原因は自分に有ればそれも分かっています。これは非常に重要です。「カネがない」という危機感を味わっているわけだから、今後お金を貯めた場合は無駄な出費は少なくなります。「高いところに登って落ちて怪我をした」人は高いところに登る場合は細心の注意を払います。または、二度と高い場所には登らないようにします。

しかし、まだ高いところから落ちた経験がない人は、経験者より注意しない傾向にあります。それと同じように、若いときから節約や貯蓄をしている人は、浪費という経験を知りません。 だから今後、浪費してしまう可能性は大きくあります。

そういう意味で、浪費した体験は非常に重要だと考えます。

具体的な節約術

最後に具体的な節約術を箇条書して終わります。簡単なものから難しいものまでありますので出来ることからやってみて下さい。私の好きな言葉である「必要と大好きに集中する」、「好きなことをやらない人生は最高」を意識することです。

  • 水筒に飲み物を入れて、自動販売機では買わない。
  • 一人で食事する場合は牛丼チェーンやファストフード、安い弁当でを。
  • 新聞は週に一度程度にする。雑誌の定期購読はやめて年に数回程度にする。
  • 物は壊れてから買う。過剰なバックアップは考えない。
  • 家でお酒を飲むのは止める。
  • 無駄予算の月額を決めて、それを超えない範囲で遊ぶ。
  • テレビは楽しんでも、意思決定のツールとしては使わない。
  • 付き合いのレジャーは年に数回にする。
  • 他人にどう思われるかで出費を考えない。
  • 一つの趣味を極めて見る。

Amazonで節約術

安い昼食を受け入れると貯金できます

 


皆さん、昼食はどこで食べていますか? 社員食堂や会社斡旋の弁当が無い、または食べられる状況にない人は外食をしていると思います。

その場合、 毎日1000円くらいの食事では無いでしょうか? もし、そうなら問題があると考えます。もちろん、絶対に高い昼食は食べるなという意味ではありません。時々、交流や新しいことを体験するために高い食事をすることも良いです。

しかし、毎回高価な食事は問題があると考えます。後で詳細は述べますが、牛丼チェーンやファストフードで食事をすると300~400円で食事できます。1000円の昼食との差額は600円です。勤務日数が20日とすると、一ヶ月あたり12000円です。

付き合いや何となくと言った理由で食べている普通なランチがそれだけの出費だと考えると大きいです。

安い昼食を受け入れる

実は私は昼食を高い外食で食べていました。店によっては1000円を超えるところもあります。もちろん当時もファストフードや牛丼チェーンで食べれば安いということくらいは分かっていました。 でも、貧乏くさいという考えで食べることは一度もありませんでした。

この無意味な貧乏くさいという印象だけで毎月12000円の浪費をしていたわけです。

もし、安い昼食は貧乏くさいと思っている人は明日から牛丼チェーンやファストフードで食事をしてみて下さい。あと、近くに弁当店があれば買ってみて下さい。400円程度で安いメニューがあります。

店に入ってしまえば恥ずかしくない

印象として入るのが恥ずかしいという店も、入ってしまえば問題ありません。見られるのが恥ずかしいと言うのも思い込みです。冷静に考えれば、その店で食べている人はあなたと同じだからです。

同僚に見られた場合は、堂々と「カネがないから」とカミングアウトして下さい。それだけで済むはずです。

金持ちのフリはしない

大好きでもないのに、高級な店でランチするという行為はバカバカしいです。もちろん、高級ランチが大好きということであれば問題ないですが、ただの好きなことで有ればやめて下さい。

「好きなことをやらない人生は最高」

この考え方は重要です。特に食事の質にこだわらない場合は、栄養を摂取するという意味での「必要なこと」です。高級ランチが大好きならそれも止める必要はありません。 しかし、単に好きというだけで高いランチを食べている人は単なる無駄です。

ランチに限らず、好きなことに手を出しすぎていると破産します。だから、牛丼チェーン、弁当店、ファストフードなどの安い食事を食べないといけないという現実を受け入れて下さい。

Amazonで食費節約

結局 アイデアより行動力 貯金の必勝法

 


ビジネスでもプライベートでも「画期的なアイデア」が進化させると言われます。自己啓発書、教育、メディアもそのように言っています。「人の思いつかない事を実行して成功した」こんな言葉も聞きます。しかし、それは間違えです。

アイデアの成功事例は少ない

周りで成功している人を観察してみて下さい。勉強ができる、英会話ができる、ゴルフが上手い、起業したなどです。

その人の話を聞いても、多くは「そんなこと、誰でもやればできる」ということがほとんどです。 そう、どこかから誰も知らない「アイデア」を持ってきたわけではありません。

誰もが知っていることを実行しただけです。

勉強できる人に話を聞いても、「魔法の教材」を教えてくれるわけではありません。テレビを見ずに勉強したり、朝早く起きて勉強、学校帰りに図書館で勉強とか言うだけです。英会話もゴルフも上手な人のアドバイスと言えば、「集中して練習」と答えるだけです。

貯金をするバカバカしい方法

貯金術は色々紹介されていますが、方法はバカバカしいです。ドヤ顔で説明するのが恥ずかしいほどバカバカしいです。

分かっていると思いますが、「収益を増やす」と「支出を減らす」です。はっきり言ってこれだけです。そして、ゴルフのスコアアップや英会話の上達より楽なのです。

私がコーチを頼まれた場合に、「次のゴルフのラウンドでスコアアップ」「一年後にTEDトークが出来る英語力」「来月に貯金できるお金を残す」の3つでどれが成功するか?と言われたら、最後の「貯金」と即答します。

仕事が終わったら速攻で家に帰り、今までに買った無駄なもので遊べば出費がゼロなわけです。

積読された本を読む、ホコリの被ったDVDを観る、週末はホコリがかぶったバイクで近場をツーリング、自転車で散歩などすれば暇つぶしになります。

これで、先月は10万円くらいあった出費も2万円程度の減らせると考えます。

遊び道具は家にあります

貯金を素早くするには出費を減らすことだけです。本を買いたくなったら、家にある読んでいない本を思い出す。新しいことを初めたくなったら、ガレージのバイク、自転車、スポーツ用品、ゲーム、楽器、カメラを思い出しましょう。

今までの無駄遣いが幸いして、既に遊び道具は家に揃っています。だから、出費ゼロで遊べてしまいます。

これで大きな節約と、趣味を楽しめるのではと考えます。

Amazonで節約術

ノーマネーデーじゃなくマネーデーを決めると貯金は増えます

 


お金を貯める、使わない貯蓄術の一つとして「ノーマネーデー」を作るという方法があります。月に数回全くお金を使わない日を作り節約を意識するというものです。

しかし、私は失敗しました。とは言っても「特別なノーマネーデー」ではお金を使わないことが出来ますが、それ以外の日は浪費してしまいます。なぜ、ノーマネーデーで問題が解決しないのかを考えるとある問題がわかりました。

ノーマネーデー=それ以外は浪費日

ノーマネーデーを特別な日にすると、それ以外の日は贅沢日になってしまいます。ここで問題に気がついたと思います。そう、時々の贅沢は聞いたことがありますが、毎日が贅沢は聞いたことがありません。

では、どうするのか? 贅沢するのを特別な日にするのです。そう、「マネーデー」を決めるだけです。そして、基本的には毎日は「必要なこと」のみ出費するようにします。

具体的にマネーデーとは

月に一回程度、予算を決めて無駄遣いする日を決めます。月々の無駄遣い予算を決めてその範囲で楽しんで下さい。 もちろん、積み立てても構いません。一年間無駄予算を貯めて大きな無駄遣いをするということも問題ありません。

問題があるのは、マネーデーだからと言って制限なしにお金を使うことです。こんなことをしたら破産します。また、ボーナスや臨時収入、物を売却したお金を「マネーデー」で使うことは止めて下さい。

あくまでも、マネーデーで使えるお金は、月々で決めた「贅沢費」のみです。

これで、あなたの通帳にもお金が貯まって行くと考えます。

貯金方法についてはここでは割愛しますが、とりあえず世間の中央値を超える100万円くらいは普通預金に入れておくことを目標にするのが良いと考えます。それ以上になったらインデックス投資や積み立てNISAやiDeCoなどの低リスクの投資でも、はじめて下さい。

決して、高リスクの投資やデイトレードには手を出さないで下さい。どうしてもやりたければ、先程の「無駄予算」を使って「マネーデー」で高リスク投資をして下さい。

スーパーカブって移動手段として最安です


 普通自動車は維持費がかかるから軽自動車という人もいます。しかし、軽自動車もそこそこ高価です。そこで、極論として原付きや原付二種を所有するということを考えてみました。

今回は私の意見ではなく、ゲストのYouTuberの『森とし』さんの話をもとに書いています。

燃料は月額3000円程度

距離にもよりますが、普通自動車で15000円程度使っていた人が、スーパーカブの50ccでは月額3000円とのことでした。これは嬉しいくらい安いです。

整備費も安いが年に二回くらいパンクする

車検は無いですが、年に一回くらいの整備費用は四輪自動車より当然安いです。ただ、オーナーの森としさんによると、年に二回くらいパンクするとのことです。これは多すぎでは無いでしょうか?

ミーハーや流行に乗っていると思われる?

スーパーカブなどのビジネスバイクって一見貧乏くさく見えますが、バイク好きの人に取っては一種のファッションのような感覚で乗られています。さらに、ファッションセンスが良い人や、車名と同じタイトルのアニメの流行でミーハーな人気もあったりします。

だから、経済的な意味で選んだとしても周りは勘違いしてくれます。

個人的には原付二種のスーパーカブ

原付一種(普通の原付き)ですと、速度制限が低かったり、二段階右折が必要だったりと面倒です。 そのため、個人的にはAT小型限定の運転免許を取得して110ccのモデルに乗りたいと思っています。

今までは見向きもしなかったですが、二輪のモビリティーも出費を減らすという意味で考えてみても良いと考えます。

色々利点

  • 車両代が安い(当然)
  • 保険代が安い
  • 整備費用、部品代が安い
  • 今なら、おしゃれで乗っていると思われる
  • 小さなガレージを買えば室内保管が可能
  • 自分で簡単な整備が出来る
  • 低予算でカスタムできる
などがあります。



テレビを捨てるとお金と時間が増えるは間違っています テレビに影響されない心が重要です

 テレビを捨てると人生が豊かになる、時間が増える、お金が増えるというアドバイスはよく聞きます。有名人からミニマリストまでテレビを持たない人や持たないことを良いと説明する人は多いです。 もちろん、テレビを持たないことで見なくなるので無駄な時間が減ること、販売戦略に乗せられないので出費が減ることは事実です。しかし、それは短絡思考でもあります。

テレビを手放しは無菌室に入ることです

病気も無菌状態の場所で生活すれば予防できます。これは当然です。しかし、そんな無菌状態で培養された人が、普段の生活に戻ると普通の人より病気になりやすいです。これは、誰でも分かると思います。受売りの歴史話ですが、「インカ帝国が滅びたのは、ヨーロッパから病原体が運び込まれたからと言われます。」

だから、テレビを持たない人も他の流れで情報が入れば、インカ帝国同様に問題ある情報で人生が滅びる可能性があります。

テレビ好きはテレビに影響されない

私の交流関係で、テレビが大好きな人がいます。話の多くが昨日見たテレビのことです。もう、趣味がテレビじゃないか?と言っても良い人です。

だったら、そんな人は宣伝やメディアの影響で出費が多いのでは? と考えてしまいそうですが、実は節約家であったりします。本人は「テレビ本体とNHKの受信料くらいしか出費は無いだろ」と言っています。

もちろんテレビ好きだから、「ドンキ特集」や「コンビニ特集」も食いついたように楽しんでみています。

そんな人でも、だったらドンキやコンビニで買物をしたいというわけではありません。

そう、テレビ好きは「テレビの向こうの珍奇な世界」という形で楽しんでいるだけです。

決して、テレビの情報を生活の意思決定としては使っていません。

少年誌の広告

ジャンプやマガジンの裏表紙に魅力的な広告が載っていたのを覚えていますか? 歯が真っ白、身長が伸びる、記憶術、初心者楽器セット、絵がうまくなる通信教育などです。

実はこれらに影響されるのは、漫画自体に興味が薄い人だったりします。漫画好きな人ほど、本編だけに集中しているので宣伝広告には影響されにくいです。

では、宣伝広告は無意味なのか? それは違います。あの広告が効いてくるのは漫画自体にそれほど興味がない人です。そう、回し読みしている人たちです。または、たまたま手にした人たちが広告の餌食になります。

メディア耐性を高める

宣伝広告からお金や時間を守るには、メディアに対する耐性をつけることです。方法としては、テレビや雑誌は完全な娯楽媒体と意識することです。決して、意思決定のための情報ではないと強く考えることです。

次に魔法は無いということです。ギター入門セットも雑誌に載っているものも、楽器店で売っているものも全く変わりません。残念ながら付属している練習メソッドも普通に書店で売っているものだったりします。

楽器演奏に必要なアクセサリーも、楽器店に行けば丁寧に教えてくれます。

記憶術、身長が伸びる、美白グッズなどは本当に簡単に出来るのであれば、普通な店に安い価格で置いてあるはずです。

そうだ、韓流ドラマが好きなおばさんは、間に入るシミを落とす化粧品を冷めた目で見ています。ドラマ大好きおばさんは意外に広告に引っかかりません。それより、たまたまそのCMを見た人が引っかかって買ってしまいます。

だから、メディア耐性を高めるには、テレビや雑誌から距離を置くのではなく、完全に娯楽であると意識することです。

私は現在テレビは手放していますが、今は家族のテレビで程々に楽しんでいます。もちろん、過去と比べてテレビに影響される度合いは減っています。


Amazonで節約術




幸せを他人に定義されると貧乏になります 元40代貯蓄ゼロ

 


皆さん貯蓄は十分でしょうか?実は聞かなくてもわかっていることで、10%の方は貯蓄ゼロです。それを含めて半数の方は貯蓄が90万円以下と言われます。貯蓄額の平均値は400万円とも言われていますが、それはごく少数の億万長者に引っ張られているだけです。

しかし、これを聞いた場合に、「貯金がない人が10%いるのだから、自分も大丈夫」と感じる人もいます。しかし、これって学校の試験で「落第点を取る人が3人位いるから別にいいのでは?」と思うのと同じです。

貯金ができない理由は、今販売されている投資本を読めば最初の方に出てきます。無駄な出費が多いということです。酒代、飲み物、お菓子、高級品などです。

もちろん、それを明日からやめればお金は貯まるのですが苦しいです。なぜかと言うと、どうして使ってしまうかの根本原因を見ていないところにあります。

根本原因とは「他人に定義された幸せ」です。具体的には

  • いい年だからそんな遊びやめよう。
  • これくらいの収入だから高い車を買わないと。
  • ブランド品を身に着けないと恥ずかしい。
  • これを買ったら周りからすごいと思われるかな?
  • SNSばえする写真を取るためになにかしよう。

これらの行動です。

対策は非常に簡単で、自分または大切な人を直接喜ばせたいものであるかです。

  • 自分が好きだからゲームで遊ぶ。
  • 友人や恋人と食事に出かける。
  • インスタ投稿無しで高級品を楽しむ
  • 記念写真は自分のアルバムに保管する

などは、楽しみを他人に定義されていません。もちろん、自分のためにと言って使いすぎることは良くないですが、他人に定義された幸せと比べると出費は少ないです。

別の話ですが、自分へのご褒美とかギャンブル、浪費は月々の予算を積み立てて行って下さい。

「パチンコに行きたいが、無駄予算がない場合はやめる」「ブランド品が欲しいが、無駄予算がない場合はやめる」

などです。

他人から幸せを定義されないと、所有するものは「お手頃価格で機能性が高いもの」になります。クルマがどうしても必要という場合は、中古の軽自動車で十分です。スマホも格安SIMで、最新OSが使える最小限の中古で十分です。

お金を使いすぎている方は、自分の幸せは自分で定義するようにして下さい。

自販機と縁を切ると貯金できます 元40代貯金ゼロ

 お金が貯まらないと感じている人は多いです。別に贅沢はしていないのに、お金がどこかに消えている感じがする。 まあ、自分で溶かしているのは事実です。

お金が溶けるワースト1は自動販売機です

仕事中に休憩は何回あるでしょうか? 多くは「10時の朝休憩」「昼休憩」「三時の夕休憩」だと考えます。

その時にほぼ全ての人が行っているのは、休憩時に自販機で飲み物を買うことです。社内の自販機は会社の補助があり、大体100円で飲めます。その割安感から皆さんは安心して買っています。

月6000円の出費です。

朝昼夕と三回100円のコーヒーを飲むと、一日300円です。勤務日数が20日だとすると、20✕300で6000円です。 一ヶ月6000円の出費です。

当たり前のように同僚と付き合って飲むだけでこれだけの出費です。一回100円は大した出費では無いですが、それがまとまると大きな出費です。

月収手取り20万円の3%です。

6000円という金額も収入に対しては少なく感じます。ここで、月収手取り20万円だと考えると、1%は2000円です。

これで計算すると6000円は月収手取りの3%です。何気ない付き合いだけで収入の3%を失っているわけです。これは驚異的では無いでしょうか?

水筒持参でほぼゼロ

とても単純な対策ですが、水筒を常に持ち歩くと自動販売機で買う費用がゼロになります。家で入れたお茶やコーヒーを詰めれば買うより安いです。

しかも、これは我慢ではありません。水筒から飲んでも自販機で買っても、どちらも飲み物を楽しんでいることに変わりはありません。

なぜか貯金が出来ないと考えている人は、まずは自動販売機と縁を切ることをおすすめします。

休みの日も出かけるときに、水筒を持ち歩くと自動販売機で買うことがなくなります。また、大好きでもないカフェで一服する事が無くなるので更に節約できます。

好きをやらない

私の節約のキャッチフレーズである「好きをやらない人生は最高」は、大好きと必要に注力して、好きを止めるという意味です。

今回の場合は、職場の自販機です。もし、そのドリンクが大好きであれば飲んで欲しいです。しかし、多くは、口が寂しいとか皆が飲んでいるという、単に好きという理由です。

であれば、その好きを止めて下さい。いろいろな好きを止めることで時間とお金が増えます。

無視するべき「好き」は多くありますが、まずは「自販機」を無視することから考えてみて下さい。

動画を観る


Amazon
で水筒




物が多くてお金がない人は既にあるもので楽しめば節約できます

  物が多いから貧乏という話を聞きます。そしてミニマリストのアドバイスとしては 「金持ちになりたければ物を減らす」 があります。たしかにお金持ちは物が少ない傾向にありますが、だからといって物を減らせばお金が増えるは短絡的な考えです。 厳しい話ですが、お金を増やしたければ「今ある物...