出費モンスターを討伐すればお金が貯まります

 お金が貯まらない! という言葉はどこでも聞きます。これって、資産100億円の人もゴールが見えなければ言いそうです。でも、これは間違えで、資産を持っている人はお金を効率よく働かせているのでそのような事は言わないとのことです。

だから、お金が貯まらないと言っている人は、お金にお金を稼いでもらうほどの資産がない人であると考えます。

だから、資産が少ない人はとにかくお金を貯めるしか道はありません。

お金を貯める王道は出費を減らすことです

まともな投資術の本では、金融商品やチャート分析などのテクニックの前にあることを言っています。それは、「節約して下さい」です。

ベストセラーの投資術本では半分くらいが、節約術だったりします。固定費や無駄なサブスクを見直して減らしていくという内容です。

でも、私はそれ以外に見直す部分があると考えます。

出費モンスターを討伐する

私が考えるお金を貯める方法は、出費を全て「モンスター」だと考えることです。そう考えれば討伐したくなるのでは無いでしょうか?

まず、モンスターは出勤時に現れます。最初に現れるのは駅近くの自動販売機や売店です。車内で飲むためのペットボトル飲料を買っているのでは無いでしょうか?

そして、会社近くのカフェでラテをテイクアウトしていると思います。

朝昼夕のコーヒータイムも社内の自販機でコーヒーを買っていると思います。

これって、合計するとランチ代を超える金額です。

乗車前のペットボトルは150円、ラテは400円、休憩のコーヒーは100円を三回で300円。

合計すると850円です。それぞれの出費は大したこと無いですが、それらが合わさるとモンスターに変貌します。

850円ってどうですか?

多くの人は、一日のドリンク代を把握できていないと考えます。これが危険なところです。

850円って社員食堂の昼食より高いと考えます。そして、出勤日数が月20日とすると、1万7千円です。

そりゃ、お金が貯まらないわけです。

水筒とインスタントコーヒーでモンスターを討伐

水筒にお茶やコーヒーを入れることでこの全てのモンスターを討伐できます。また、休憩時にはインスタントコーヒーを入れることで休憩時に自動販売機でコーヒーを買わなくなります。

たったこれだけで、一ヶ月1万7千円の削減が出来ます。

ランチタイムの出費モンスター

ランチタイムも出費モンスターが現れます。一番のモンスターは外食です。もし、外で食べたら1000円を超えます。話題の店や高級店に行けば1500円のランチかもしれません。

でもこれ、社員食堂を利用すれば出費を400円程度に抑えることが可能です。また、弁当の仕出しがあれば朝一番で予約して下さい。

弁当を予約していれば、外食ランチの誘いも断りやすいです。ただ、毎回断っていても人間関係が悪くなりますので、誘いは前日にと言うのが良いです。

本当にあなたと食事をしたい人なら、前日に連絡をするはずです。一方で衝動的にランチに誘う人からは逃れることが可能です。

ちなみに400円の昼食だと一ヶ月で8000円です。一方1000円外食ランチですと2万円です。差額は1万2千円と大きいです。

帰社時の出費モンスター

帰社時には屈強な出費モンスターが登場します。まずは、飲みの誘いです。同僚はもちろん、先輩や上司などが「コミュニケーション」ということで誘ってきます。相手のおごりなら良いのですが、割り勘である場合は大体5000円程度の出費です。

週に4回飲みに言ったとすると2万円です。これは大きな出費です。

対策としてはすごくドライですが、出来る上司や先輩からの誘いだけを受けて下さい。それ以外は時間の無駄なので基本は断って下さい。

ただ、断ってばかりだとコミュニケーションが悪い奴という印象が大きくなるので、時々は誘われて下さい。

帰宅時の買い物にも注意を

運良く、飲み会という出費モンスターから逃げたとしてもまだまだモンスターはいます。

それは、帰宅途中に寄る店です。少し余談になりますが、ナチスのヒトラーは夕方を交渉の時間として好んだと言われています。

理由として、夕方は思考力が低下して判断ミスが起こりやすいことです。悪いことは最悪になり、良いことは最高になります。

特に会社終わりですと、少しだけ良いものでも素晴らしいものに見えてしまいます。

私の場合ですと、マウンテンバイクやウクレレ、高解像度のモニターを買ってしまったことがあります。どれもたいして欲しいものではなかったのですが、店で現物を見ると素晴らしく感じられました。

これが、帰宅時の「出費モンスター」です。これを防ぐためには速攻で家に帰るしかありません。

または、クレジットカードとキャッシュカード、現金を持たずに調査のために寄ることをしてみて下さい。欲しいと思っても決済手段が無いから絶対に買えません。ツケ払いが出来る常連さんの店だったら平日には寄らないで下さい。

ネット通販は最悪の出費モンスター

帰宅時の電車の中でスマホを使う人は多いですが、その中に「通販アプリ」が入っていたら危険です。 理由は帰宅時の実店舗での衝動買いと同じです。ストレスから開放された状態で通販アプリを見たら衝動買いしてしまうリスクが高いです。

これを防ぐ方法は簡単です。スマホからショッピングアプリを削除して下さい。また、ショッピングサイトからはログオフして下さい。

これで、帰宅時にポチることができなくなります。

買い物は休日にして下さい

平日に欲しいと思ったものは、休日にそれだけの買い物のために出かけて下さい。ストレス無い正常な判断が出来ます。

また、休みの日にわざわざ買い物に出かけたくないと思った場合は、そんなに欲しくなかったものであったと考えて買うのは止めましょう。

貯金が貯まらない一番の理由は出費モンスター

貯金が貯まらない理由の大部分を占めるのは、出費モンスターです。

ドリンク、高価な食事、飲み会、そして帰宅時の判断ミスによる衝動買いです。

これら全てのモンスターは意識して討伐する必要があります。極端な例ではありますが、金持ちが自動販売機でドリンクを買わずに水筒を持ち歩くという話を聞きます。理由は単にもったいないということです。

このように全ての出費を意識することで、その分の金額を貯蓄や安全な投資に回すことが出来ます。今話題のFIREをするにもこの考えは必要です。

貯金が出来ないと考えている人は、まずは「朝のラテ」のテイクアウトを止めて、その分を貯金してみて下さい。


動画





一般人の投資って節約です

投資を始めようと思った人はなぜか株を買います。理由は不明ですが株を買ってしまうのです。これって非常に短絡思考だと考えます。仮にクルマや自転車、バイクを買おうと思った場合に何も考えずにモデル名や見た目で買うでしょうか?違うと考えます。 クルマ、自転車、バイクを買う場合は自分の目的に...