【野暮な質問】マジ回答すると嫌われる

 出来そうな人になにか質問をすると茶化したような回答をされた! と感じている人は多いと思います。もう少し真剣に対応してくれよ、と言いたくなりますがそれには罠があります。


実は真剣に対応される方がムカつく

茶化したような発言より、真剣な対応のほうが親身? それは幻想です。まず、相手はあなたに確実にフィットするネタは持っていません。店でいうと吊るしの服みたいなものです。しかし、お客さんはフルオーダーの服を求めているようなものです。

吊るしの服って、店行って大体のサイズを合わせるだけで買うことが出来ます。一方、フルオーダーの服って店と何回も話をして自分だけの服を作り上げます。実はこの工程は普通の人は嫌がるところです。

せっかくフルオーダーが出来るのに、この部分は適当で、生地は何でも良いよ、ステッチは気にしない等となり、別にフルオーダーじゃなくてもいいだろになってしまいます。

質問の話に戻して、真剣に質問に答えるというのは服で言うとフルオーダーの活動です。そう、相手も真剣になる必要があります。もちろん、相手もそんな気持ちは無いので、真剣で熱い対応にムカつくのです。


茶化すのは真剣対応のテスト

実は、初見の質問で茶化す理由としては、相手が本当にそのことを知りたいのか? 受け入れられる姿勢と能力があるのかを試すためです。 ここで、話が終われば大したことが無いということになります。 反対に話が続けば相手は真剣だと言うことでフルオーダーの活動が出来るという判断をします。

ただ、この茶化すという部分も、真剣に教えると同じように相手に不快感を与えるのは事実です。

吊るしの回答を

服を着ないか、フルオーダーか? そんな極端なことではなく、質問に対する回答として「ユニクロ」という既製服を提供すれば良いのです。例えば、「クラウドストレージって何?」と聞かれた場合には

ネットで写真とかを安全に保管してくれるサービス。

って答えればよいだけである。 クラウドストレージが一杯みたいな質問だったら

「金払ってクラウドの容量を追加するか、いらない写真だったら削除する」

という対処療法を答えておけば良いです。そう、これが服で言うと既製服、吊るしの回答ということです。

魚釣りを教えるは間違え

古典的なビジネス書に

「魚をあげるより、魚釣りを教える」

って話がありますが、あれは嘘です。魚を欲しがっている人には魚を上げてください。

あと、正しくはあの言葉は

「魚を欲しがるより、魚釣りの方法を覚えよう」

って意味です。この言葉や有名ですが、真に受けないでください。


動画


Amazonでビジネス書





一般人の投資って節約です

投資を始めようと思った人はなぜか株を買います。理由は不明ですが株を買ってしまうのです。これって非常に短絡思考だと考えます。仮にクルマや自転車、バイクを買おうと思った場合に何も考えずにモデル名や見た目で買うでしょうか?違うと考えます。 クルマ、自転車、バイクを買う場合は自分の目的に...