【便利術】メタルラックの棚の高さは簡単に変えられる

 メタルラックってご存知でしょうか? スチールラックや商品名では『エレクター』と呼ばれる棚です。 今では定番ですが、インダストリアルデザインが流行したときに多く売れたと考えています。


欠点は棚板の変更が出来ない

メタルラックは一度組み上げたら高さの調整が出来ないと思われています。しかし、ブログのエントリーにするのがバカバカしいほど簡単に出来てしまいます。


必要なものはS字フックとハンマー

ホームセンターで売っているパイプに掃除道具などを引っ掛けるS字フックとハンマーがあれば簡単に調整できます。

手順は、

  1. 変更したい棚の上にS字フックを引っ掛ける
  2. 変更したい棚を下から押さえて、四隅のパイプの部分をハンマーで下から叩く
  3. 外れた棚板をS字フックに引っ掛ける。
  4. 目的の高さにスリーブをセットし、棚を戻す

これだけです。笑ってしまうほど簡単です。スパンが長い棚の場合はS字フックが2つ必要かもしれません。あと、もうひとり人がいれば、持ち上げてもらえば良いのでハンマーすら不要です。

家具に生活を合わせない

メタルラックを含めて、棚板の変更が面倒だから、それに合う物を入れるというのは本末転倒です。 生活は収納するものに合わせるのであって、収納器具に合わせるものでは有りません。

動画を見る

味見、覗き見という習慣を捨てればお金がたまります

 浪費をしているわけでは無いのにお金が貯まらない。同期や同級生友人など収入が同じくらいの人より自分は貧乏に感じる人はある習慣があります。それは「味見や覗き見」が好きなところです。と言っても実際の行為ではなく例え話としての話です。 楽しみの多くが味見や覗き見 実は出費が多い人の特徴...