【節約術】iPhone5sはまだまだ使えるのか?

POVOのSIMカード

スマホはもう生活の常識という感じになっています。シニア層でも

「ガラケーを人前で使っているのは恥ずかしい」

って意見も聞きます。更にAUは2022年に3Gのサービスを終了させるので、多くのガラケーが使えなくなります。次の世代の4Gでもガラケーは販売されるので、それでもいいはずなのだが、時代はスマホってミーハーな理由でスマホに機種変更する方々が多いです。

しかし、スマホは高い

ショップに行ってスマホを見ると価格が高いことに驚きます。長年のガラケーユーザーは

「携帯電話はタダでもらうもの」

という意識があるみたいなので、10万円以上の新機種を見ると驚きます。更にデータ通信費についても理解できないし、高すぎると考えます。

スマホを割賦(ローン)で買うとして大体4000円くらい、そしてパケット代を含めた基本料が4000円からなので、月額8000円という今までの3倍程度の料金です。

高い、通話とちょっとネットをするだけで8000円は痛い。

なぜかCDケースのような封筒

中古スマホと格安SIM

だったら、考えるのは話題の格安SIMと中古スマホです。実は私の家族もAUの3Gガラケーが使えなくなるということで、iPhone8と『楽天モバイル』の契約にしています。

端末が中古で2万円程度、通信契約は楽天モバイルなので、しっかりとアプリとFacetimeで通話をしてくれればずっと無料のはずです。ほとんど電話系の利用であり、自宅と職場のWi-Fi圏内で使うのでこれからも通信費は無料です。

大手キャリア契約だと月額8000円+通話料として8500円とすると、年間では約10万円。これが楽天モバイルなら、年間2千円程度で収まります。最初に買った中古のiPhone8が3年使えるとして、年額9千円程度とほぼ1/10の出費です。

なので、固定費を安くしたい人は是非、中古iPhoneと楽天モバイルをおすすめします。

説明は簡単にしますが、楽天モバイルは専用のアプリを使って発信すると通話料無料です。ガラケーのように通話だけ利用であれば0円で維持できることになります。ガンガンパケットを使ったとしても三千円程度と、従来のキャリアの基本料金未満で維持できてしまいます。パソコンもテザリングして利用すれば、普段の調べごと程度であれば使えるので、自宅の固定ネット契約も削減出来ます。そうすれば更に年間5万円の節約です。

SIMを抜くピンが付属するのは嬉しい

更に安くできないか?

実は、ここからが本題です。iPhone8と楽天モバイルは鉄板の組み合わせですが、更に維持を安くする方法があります。

動画やコンテンツサービスを使わずに、LINEなどの通信アプリやたまに調べごとをするためにネットを使うという人はPOVO(ポヴォ)をおすすめします。

基本料が0円。電話は通話しただけ。パケットも128kという遅いスピードなら使い放題というものです。電話も受けられますし、Facetimeも出来るので激安でスマホ回線を維持できます。ただし、半年間料金が発生しないと登録が解除されるので、時々オプションを追加してください。

一日300円で高速通信使い放題で、その日は動画を快適に見ることが出来ます。また、90日使える60ギガのオプションを付けると6480円、ざっくり月割すると2160円で高速通信出来ます。ただ、オプションを付けるとあと千円で楽天モバイルと変わらなくなります。

話をもどして、データはあまり使わないし、通話もほとんど無い、連絡はLINEがほとんどという人は楽天モバイルよりPOVOの方が安いと考えます。

あとは、いかに安いスマホを手に入れるかです。

やはり音楽メディアを意識しているのか?

AU版iPhone5sを中古で

今日、中古スマホ店でiPhone5sのAU対応版が2000円で売っていたので、もしかしたらPOVOで使えるのではないかと衝動買いしました。

結論を言うと5sはPOVOでは使えまえんでした。最悪、データ通信だけでもと思っていましたが、エラーが出て認識できません。

なので古すぎる端末は買わないことをおすすめします。iPhoneであれば確実にキャリアが対応していると言っている物をおすすめします。iPhoneなら6s以上です。

とりあえず私は自宅のWi-Fi運用でFacetime着信用として活用していきます。固定電話感覚として共用の電話として使っています。

iPhone5sではPovoは使えません

味見、覗き見という習慣を捨てればお金がたまります

 浪費をしているわけでは無いのにお金が貯まらない。同期や同級生友人など収入が同じくらいの人より自分は貧乏に感じる人はある習慣があります。それは「味見や覗き見」が好きなところです。と言っても実際の行為ではなく例え話としての話です。 楽しみの多くが味見や覗き見 実は出費が多い人の特徴...