[解放軍]お客様サポートに頼ることは恥ずかしいことではない


http://youtu.be/Pprc5F0ZEc4

私はIT関連などの技術的な質問を受けますが、多くの質問は直接お客様センターなどのサポート窓口に問い合わせをすることがシンプルな解決策です。 それなのになぜか、サポートに連絡しない人が多いです。


多くの人の認識として
「サポートは無知な人とか弱者が頼る場所であり、私はその仲間に入りたくない」
という意識があります。

なら、友人知人なら問題ないのか? そのような認識です。 サポートに聞くこととかわらない感じがしますが、この場合は自分の友人知人を使ったということが人脈という能力を使ったことになり劣等感は感じないという認識です。

しかし、これは自分の無能さを認めない行動でもあります。 また、サポートは友人知人より豊富な知識を持っています。 つまり、問題解決の早道です。

  • 友人知人に相談することは意味不明なワンクッション
  • 世界で最も商品のことを知っているのはサポート窓口
です。 ぜひ、あなたの時間を有効に使うために、サポートを大活用しましょう。



書かれている記事

ケチだと思われることを気にしないと貯金できます

  貯金できない大きな理由は 「自分はケチだと思われたくない」 があります。実際にお金がなくてケチな生活をしているが、周りにはそうだと思われたくないということです。 大盤振る舞いする ケチだと思われたくない人は、機会があれば大盤振る舞いします。多くは無料でもらった試供品を贈り物だ...