ステーキの熱々鉄板を拒否るテク



かつては「ビーフステーキ」はフランス語発音で「ビフテキ」とも呼ばれ、高級食品でした。何か特別な時、大きなことを達成した時に食べることが出来るものでした。

現在ではステーキの値段も下がり、ビフテキという言葉も非常に古臭い言葉になってしまいました。

流石に栄養バランスと、ランチにしては高い価格なので毎日というわけにはいかないですが、一週間に数回程度であれば楽しむことが出来るちょっとした贅沢です。

ステーキハウスと言うと熱々の鉄板にステーキが載せられて提供されます。 非常に見た目が豪快で食欲を誘いますが、ビジネスパーソンにとっては嫌な瞬間でもあります。

もう、予想できると思いますが、スーツのシャツやブラウスなどが、鉄板から跳ねる油で汚れてしまうことがあります。 ナプキンを用意してくれますが、それでも不安です。

これを予想して、スーツ着用でのステーキランチを諦めていた方は必殺テクがあります。 それは、

「アツアツ鉄板を拒否することが可能」

です。 店によって微妙に方法が違いますが、ほぼ全ての店で要求に答えてくれます。 私は有名チェーンから個人店まで4店で依頼しましたが、要望に応じてくれました。

  • ブロンコビリー
    鉄板を加熱しないという選択肢がある
  • ステーキガスト
    お皿でステーキを提供してもらえます
  • カナディアンロッキー(長野のチェーン)
    お皿での提供を受け付けました
  • 近くの個人店
    自慢の鉄板と書かれていたが、快くお皿での提供を了承
でした。

オーダーをするときに、飛び散って服につくのが嫌なので、お皿で提供できますか? と相談して下さい。 これでステーキの熱々鉄板を拒否して快適なステーキランチを楽しむことができます。 そして、綺麗な服で快適な商談に臨むことができます。

自販機と縁を切ると貯金できます 元40代貯金ゼロ

 お金が貯まらないと感じている人は多いです。別に贅沢はしていないのに、お金がどこかに消えている感じがする。 まあ、自分で溶かしているのは事実です。 お金が溶けるワースト1は自動販売機です 仕事中に休憩は何回あるでしょうか? 多くは「10時の朝休憩」「昼休憩」「三時の夕休憩」だと考...