ガジェットを買うときは直感で選ぶ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします

立ち読みで、買ってはいけないデジモノという特集でテレビやデジカメを取り上げていました。 この本は一般的なユーザが買ってはいけないデジモノを紹介しており、デジモノ好きのユーザの影響を受けてはいけないと書かれていました。

自分の持っているお気に入りアイテムが2つも載っていた
リコーGR2と東芝biblio
まずは東芝の携帯電話Biblioです。何故、買ってはいけないというと、フルキーボードでの操作を前提にしている部分と、タッチパネルの使いにくさ、大きすぎるの3つです。 正直、タッチパネルの使い勝手は悪いですが、メールを書くときは非常に楽で重宝しています。 また、大きさもちょうど良く通話が楽だと思います。

次にリコーのGR2デジタルです。 これも本によると今時ズームも手ぶれ補正もないカメラは一般ユーザには受けないというところでした。また、GR1から細かい部分しか進化していないというところもNGとしていました。 私はズームを捨てた思い切りの良さと、マグネシウムボディの所有する喜びというところを気に入って使っています。

どちらも、私は店頭で一時間ほど触って良さを確認した後で買いましたので満足しています。 レビューを参考にすることは必要ですが、最後の購入は実際に店頭で触ってから決めた方が良いと思います。

 

受け売りを自覚すると貯金できます

受け売りってご存知でしょうか? 聞いただけで自分が体験していないことで助言する行為です。聞いた情報だけで助言という贈り物が出来るわけだから費用対効果としては抜群に高いです。しかし、受け売りをするとお金が減る原因になります。 無闇に施す習慣が付いてしまう 無料でもらった物事を他の人...