カーボンXXXXXX

昔から合った言葉CO2が最近では別の意味で流行しています。 特にカーボンオフセットカーボンフットプリントというのが有名だと思います。

この二つの言葉は非常に似ていますが、CO2の排出という共通点以外は異なります。

カーボンオフセット
 CO2を排出しない企業から排出権を購入し、CO2を出す権利を得る。

カーボンフットプリント
 商品を作る為に排出されたCO2の総量が分かるように商品に表示する。

です。私自身はフットプリントには賛成ですが、オフセットの方には反対です。 理由ははっきり言ってお金さえ出せばCO2を排出できるという権利を買えるという点です。 昔に免罪符という物がありましたが、これは金儲けをしたい教会が発行した、罪の償いが金で出来るというとんでもない物でした。

CO2の排出権もこの免罪符と同じでは無いでしょうか? システム的にはCO2を出さない会社に金が入るので、CO2を減らすインセンティブになると思います。 この点だけを見ればとても良いシステムですが、CO2を規定以上排出する会社が排出権を買えばOKというシステムはいただけないと思います。

受け売りを自覚すると貯金できます

受け売りってご存知でしょうか? 聞いただけで自分が体験していないことで助言する行為です。聞いた情報だけで助言という贈り物が出来るわけだから費用対効果としては抜群に高いです。しかし、受け売りをするとお金が減る原因になります。 無闇に施す習慣が付いてしまう 無料でもらった物事を他の人...