フレンチバルブへの空気入れ

スポーツ用自転車を買うと空気入れの口が違うことに戸惑うと思います。日本で一般的な自転車は英式バルブ(Dunlop,Woods)が付いていますが、スポーツ用の自転車には仏式バルブ(Sclaverand valves,French valves)が使われています。

このバルブはなじみがあまり無いので、空気の入れ方やポンプの選び方などに戸惑ってしまうと思います。ここで、フレンチバルブへの空気の入れ方を解説しているビデオがありましたので貼り付けておきます。



あと、ポンプ(空気入れ)は使いやすいフロア型のメーター付きを選ぶことをおすすめします。 フレンチバルブは空気の抜けが速く、定期的な空気入れが必要になります。 空気が抜けると走りにくいのはもちろんパンクの原因になるので走る前には毎日空気を入れた方が良いと思います。

French valve closedフレンチバルブ開
French valve openフレンチバルブ閉

ケチだと思われることを気にしないと貯金できます

  貯金できない大きな理由は 「自分はケチだと思われたくない」 があります。実際にお金がなくてケチな生活をしているが、周りにはそうだと思われたくないということです。 大盤振る舞いする ケチだと思われたくない人は、機会があれば大盤振る舞いします。多くは無料でもらった試供品を贈り物だ...