フレンチバルブへの空気入れ

スポーツ用自転車を買うと空気入れの口が違うことに戸惑うと思います。日本で一般的な自転車は英式バルブ(Dunlop,Woods)が付いていますが、スポーツ用の自転車には仏式バルブ(Sclaverand valves,French valves)が使われています。

このバルブはなじみがあまり無いので、空気の入れ方やポンプの選び方などに戸惑ってしまうと思います。ここで、フレンチバルブへの空気の入れ方を解説しているビデオがありましたので貼り付けておきます。



あと、ポンプ(空気入れ)は使いやすいフロア型のメーター付きを選ぶことをおすすめします。 フレンチバルブは空気の抜けが速く、定期的な空気入れが必要になります。 空気が抜けると走りにくいのはもちろんパンクの原因になるので走る前には毎日空気を入れた方が良いと思います。

French valve closedフレンチバルブ開
French valve openフレンチバルブ閉

自販機と縁を切ると貯金できます 元40代貯金ゼロ

 お金が貯まらないと感じている人は多いです。別に贅沢はしていないのに、お金がどこかに消えている感じがする。 まあ、自分で溶かしているのは事実です。 お金が溶けるワースト1は自動販売機です 仕事中に休憩は何回あるでしょうか? 多くは「10時の朝休憩」「昼休憩」「三時の夕休憩」だと考...