物が多くてお金がない人は既にあるもので楽しめば節約できます

 


物が多いから貧乏という話を聞きます。そしてミニマリストのアドバイスとしては

「金持ちになりたければ物を減らす」

があります。たしかにお金持ちは物が少ない傾向にありますが、だからといって物を減らせばお金が増えるは短絡的な考えです。

厳しい話ですが、お金を増やしたければ「今ある物」とか関係なしに節約してお金を貯めることしかありません。

今あるものを売却は損

個人売買やリサイクルショップに今あるものを売ればお金になります。これって実は損だと考えて下さい。手持ちの楽器を売って5000円を手に入れた場合は5000円の得ではありません。過去に10万円で買ったものだとしたら9万5千円の損だと考えて下さい。

物は過去の自分からの贈り物だと考える

先程の楽器と同じものを今買ったら11万円だとします。そうすると、昔に10万円で買っていれば1万円の得です。それを、過去からの贈り物だと考えて使ってみて下さい。

一万円お得に追加費用無しで使えます。

家にあるDVDや本、昔買ったプラモデル、自転車、スポーツ用品などを楽しめばこれからの出費がなくなります。 そして、それを今買ったと考えて貯金すればお金はたまります。

ミニマリストの考えは節約ではない

少ないもので生活するというミニマリストは実は節約の考えではありません。一番の目的は手元の物を少なくして生活することです。先程の金持ちは物が少ないと言うのは金の力でいつでも物を「召喚」出来るからです。クルマが欲しければ高級車でも借りられます、パーティーをしたければ料理をケータリングし、高いお酒やスタッフやDJなどを呼ぶことが可能です。そして、終わったら撤退してスッキリです。これはミニマリストの考えですが当然金もかかります。

だから、今お金がないけど物が多い場合はその物で遊びや趣味を楽しんで出費を減らして下さい。



貯金術にケースバイケースなど無いです。行動すれば確実にできます


貯金術や節約術の本やブログでは「これは一例であり、状況に応じてケースバイケースや臨機応変な対応、つまり適宜対応」という様な書き方がされています。

しかし、私は貯金術は「確実に方法を守れば出来る」と考えています。「野球で勝てる」「ゴルフでシングル」「ゲーム上達」などとは違い、確実な方法があります。

自分は貧乏だと思う

「なりたい自分をイメージすればそうなれる」という方法がありますが。たしかに正しいですが、これこそスポーツやゲーム上達系の「ケースバイケースで臨機応変で適宜対応」なアドバイスです。貧乏人が金持ちを演じても必ずしも金持ちにはなれません。それどころか、なれる可能性は極めて低いです。

私が提案する金がなければ「自分は貧乏だと思う」は現状把握として間違えはありません。貧乏だからコンビニでドリンクは買わないし、水筒を持参して飲みます。同僚が毎回行く飲み会も全てには参加しません。友人から誘われたお金のかかる食事会やアトラクションも断ります。 もちろん、それだけでは人間関係が悪くなりますので、お金を掛けずに会いに行ったり、スポーツやゲーム、音楽演奏を楽しんだりします。

貧乏宣言をすれば、周りもお金のかかる遊びの誘いは少なくすると思います。 もし、あなたに魅力があれば「相手のおごりで飲み会参加」などが出来るかもしれません。

この方法って、臨機応変なところは全くありません。自分は貧乏だと考えて、金に余裕がなければ誘いを断るという単純な方法です。

必要と大好きだけに注力する

必要なこととは、栄養摂取のための飲食、最低限の通信のための携帯電話、仕事関係です。これは簡単に必要だとわかります。 次に大好きなものとは、単に好きなものではありません。 何も言われなくても自分が行動しているという様なことです。

家に帰ったら、速攻で映画を見る、週末のゲームが待ち遠しい、ツーリングに行きたい、音楽を聴きたいなどです。

もし、最近音楽を聞いていないから聞かないといけない! とか 自転車に乗っていないからのらないといけない! とおもったらそれは単に好きだったという程度です。大好きではないので止めて下さい。

この必要と大好きに注力すれば、お金はたまります。

先月より出費が一万円少なければ、一万円貯金ができる

バカバカしいが、キツイ一言です。先月より1万円使わなければ、その分を貯金できる計算になります。もう、説明は不要です。このくらい貯金術は簡単な方法です。

株式やFXなどの金融商品で1万円稼ぐのは難しいです。投資術の本もありますが、多くの本は「ケースバイケースで臨機応変」な対応が書かれた本です。だから、失敗も成功もします。

だから、それとは違い貯蓄術は、お金を使わなければ貯金できるという誰でも出来る単純な方法です。

最後に臨機応変という言葉を馬鹿にしている話で終わります。長編小説を原作にしたアニメ『銀河英雄伝説』第12話『帝国領侵攻』では、エリート軍人の『アンドリュー・フォーク』が

「高度な柔軟性をもって臨機応変に対応」

と発言します。正直具体性が無いので突っ込まれますが、『アレクサンドル・ビュコック』が

「要するに行き当たりばったり」

と皮肉った返しをしています。そう、臨機応変に対応というアドバイス本は行き当たりばったりの本です。

私のすすめは、行き当たりばったりな方法でなく、確実に貯金できる方法を地道に続けることです。

Amazonで貯金術



暇つぶしは今の仕事や遊びについて深く勉強してみることです


暇つぶしと言うとテレビや雑誌や口コミで聞いた遊びという印象です。暇だからとにかく新しいことをやらないといけないという謎な衝動に駆られます。

でも、冷静に考えて下さい。誰でも楽しいと言える趣味があるのでは無いでしょうか? 仮に趣味が無くても何か仕事をしているのでは無いでしょうか? であれば、それらの勉強をしてみるのが有意義です。

遊びの勉強

野球で時々対戦をしている人であれば、暇つぶしはその野球のことで良いのでは無いでしょうか? ルールブックを買って読むのはどうでしょうか? 良くわからない新しいことに手を出すより良いと考えます。

ボードゲームでもテレビゲームでも好きであれば、ゲームに関する設定資料を読み込んでみると面白いです。幸い、サブカルチャー系情報はネットに無料公開されているので追加料金がかからないのが嬉しいです。

楽器演奏なら音楽理論や音楽の歴史についての本を読んだり、CDやDVDの音源を聴き込んで見るのも良いです。

学生と違い社会人ですと実体験は多くなりますが、体系的な勉強は少なくなるので積極的に勉強するのは強みです。

飲みに行く人でも、好きなお酒や料理を見つけたらその本を読んでみるのも良いです。日本酒、ビール、カクテル、ウイスキーなど尖ったジャンルの本があります。

仕事の勉強

仕事の勉強も有意義です。会社によっては早期に必要な知識を得るために安価に社内教育が出来る場合もあります。 仮に無くても、上司やリーダーが使っている技術についての勉強を自分でやってみて下さい。

電気回路の組み立て担当なら電気回路の設計について勉強してみます。物流関係なら運行管理や労働安全衛生などの勉強です。製造現場で危険物を扱っていればそれについての資格勉強も良いです。

リーダーがExcelで何かを作っている場合はその本を読んで見て下さい。事務員なら『マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト』も良いです。

暇だと感じたら

暇だと感じたら「嘘」だと言って下さい。実際、暇ではなくやるべきことを忘れているだけです。どちらかというと時間は足りないです。無意味な時間を金を払って過ごすより、大好きな遊びや必要な仕事に関する勉強をして知識を身につけることを強くおすすめします。

Amazonで暇つぶし法



同じ趣味でも外から家に変えることで大きな節約に


 全ての趣味で出来ることでは無いですが、節約する方法の一つとして家で趣味が出来ないかを考えてみることです。ただし、ここで言っている話は「釣りを止めて、家で音楽鑑賞」って意味ではありません。だから、分野によっては実現できないことも考えられます。ちなみに、釣りは家で出来ないので無理です。

楽器演奏の場合

どうしても、「この楽器個体」を演奏したいという人は無理です。今持っているヴァイオリン、ギター、打楽器などそれ自体を演奏することが楽しみという人は残念です。でも、長い目で見れば「家に防音室」を作ったり、仕事や生活が許せば「お隣さんが1キロメートル」という場所に引っ越せば可能です。

楽器に対して妥協が出来るのであれば、音が少ないものに変更できるか考えてみます。ピアノから電子ピアノ、ドラムスから電子ドラムなどです。

更に極端なものとしては、全く違う音が小さい楽器に変えてみることです。楽器演奏が楽しみでも、特に楽器にはこだわりが無いかもしれません。打楽器ですと、普段はドラムスやカホン、ラテンパーカッションなどを演奏しているが、家ではフレームドラムやウドゥドラム(イボドラム)を楽しんでいるという人も聞きます。ちなみにウドゥは非常に音が小さいですが、表現が豊かで低音と高音がでるので楽しいとのことです(私はウドゥは持っていませんが、ワインの空き瓶を叩いています。そこそこ楽しいです。)。

他に家でも遊べる趣味

映画鑑賞が好きで、週に二回くらい映画館に行っている人なら、ホームシアターシステムも良いかもです。大きめのテレビが20万円、スピーカーとアンプで20万円、DIYで施工すれば無料です。40万円という出費がありますが、その後は映像ソフト代だけです。

食べ歩きが好きな人は、家で料理を作ったり、友人を招いて楽しんでみて下さい。外食より安上がりです。

節約術として、必要と大好きに注力がありますが、大好きへの出費は限度があります。大好きとは言っても節約しないと貯金は出来ません。

Amazonで節約術


味見、覗き見という習慣を捨てればお金がたまります


 浪費をしているわけでは無いのにお金が貯まらない。同期や同級生友人など収入が同じくらいの人より自分は貧乏に感じる人はある習慣があります。それは「味見や覗き見」が好きなところです。と言っても実際の行為ではなく例え話としての話です。

楽しみの多くが味見や覗き見

実は出費が多い人の特徴としては、本当に楽しめる集中できる遊びを知らないということです。だから休みになると「何か面白いことが無いかな?」とか「これをやったら幅が広がる」みたいなことを探します。

週末は家にいるより漠然と何かをやるために出かけます。食べ歩き、知らない分野の本、衝動買いしたスポーツ用品などでお金を使ってしまいます。

こんなことをやっていたら無駄な出費が増えます。

お金が貯まる人は大好きなことを知っている

実はお金が貯まる人って見た目は浪費家です。高いカメラや楽器、自転車、クルマを持っているからです。しかし、そういう物を持っている人は長く続けている大好きな遊びを知っていたりします。

持っている機材は高いですが、長く使うことで出費を減らすことができます。また、良い機材はリセールバリューが高いので新しい機材も安く買えます。

貧乏人は毎週何をやろうか? と考えて地味にお金を使ってしまうが、金持ちはやることが決まっています。既に機材は持っていますので僅かなお金で楽しめます。

高価なカメラも楽器もスポーツ用品もクルマも既に持っていれば僅かな費用で楽しめます。

長く楽しめる遊びを見つける方法

もし、大好きな遊びがない人はすぐに長く楽しめる遊びを探してみて下さい。その手がかりとなるのは「学生の時の部活動」です。今まで長く続けていたわけで面白さも知っているわけです。それを社会人になってからも続ければ長く続けられると考えます。

ただ、学生時代の部活動などに良い思い出がない人は、一番熱中できた遊びを思い出してください。それを再び始めて見ると良いかもです。


Amazonで節約術の本を探す



所有物の古さをアピールするとお金がたまります


 所有物の新しさをアピールする人は多いです。新車、新築の家、スポーツ用品のニューモデル、ファッションなどです。しかし、それってお金の浪費でもあります。特に新車や新築は割高な金額だと言われています。一等地のマンションやフェラーリの様な超高級車なら、買った金額以上の価値が出るかもしれません。しかし、殆どの物件やクルマは価値が暴落します。

このように損すると分かっていても、すべての人は新しいものを買い、他人に自慢することで自分の欲求を満たしています。欲望は満たすが、お金は半端なく減っていくという生活です。

単に反対に考える

一等地のタワマンやフェラーリを買って将来の値上がりに期待するのって難しいです。無条件で値上がりするわけではなく更に条件があると思います。また、所有することによってのリスクも考えられます。

だったら、物を買ったら損するしか無いのだろうか? はい、そのとおりです。ほとんどのものは買った瞬間から価値が下がります。そして、使った瞬間に更に価値は激減します。『金持ち父さん』では、「ゴルフクラブも買ってティーショットを打った瞬間に価値が無くなる」と言っています。

スケッチブックも未使用でも新品の値段で売却は出来ません。そして、絵を書いた瞬間に高確率で無価値になります。(または超低確率で何億円にもなります。)

ここで、反対に考えてみます。何を反対にするかというと、「どれだけ古いものを持っているかアピールする」です。クルマは20年以上乗っている。この道具は子供の時に買った。スピーカーは20年前に買ったものを使っているなどとです。

新しいものの幻想

新しい物って実は物に感動しているわけではありません。買い物をするという行為やパッケージを開けるということに感動を覚えているわけです。だから、その後は既に持っているものと同じです。

この「新しいもの幻想」に取り憑かれると出費が激しくなります。一方で、古いものを楽しむという考えは物を持っていれば毎日続きます。

最初の一瞬か、買ってしばらく経過してから毎日の楽しみのどちらが良いかと考えたら簡単に分かると考えます。

ぜひ、一瞬しか無い新しいもの幻想から逃れて、古いものを毎日楽しむ考え方に変えてみて下さい。


Amazonで節約術



月に一度だけコンビニで浪費するとお金がたまります

 


節約や貯金をする人にとってはコンビニは近寄ってはいけない物とされています。「貯金したければコンビニに寄るな」「浪費している人はコンビニに寄っている」などと言われます。

確かに間違えではありません。しかし、人間だから完全に合理的な生活も出来ないのも事実です。ここで、多少妥協した節約術を説明します。

月一コンビニ浪費日

月に一度だけ予算を決めてコンビニで好きなものを買います。雑誌でもお菓子でもコンビニの弁当でもエナジードリンクでも好きなものを買って下さい。

これで快楽を満たしながら節約や貯金が出来ます。でも、それではお金を使いすぎだろ? そう突っ込まれそうです。実は毎日コンビニに寄って400円程度の買い物をするより節約です。

一ヶ月が30日だと考えると、毎日400円は毎月12000円です。この場合に月イチのコンビニ浪費の予算を2000円としても月に1万円の節約です。豪華に?4000円の浪費としても8000円です。これは大きな節約では無いでしょうか?

コンビニは近くの遊園地

コンビニは流行がコンパクトにまとまった遊園地だと考えられます。お菓子、ドリンク、お酒、雑誌、弁当、スイーツなど流行の最先端がコンパクトにまとまっています。

遠くの遊園地や流行の最先端の都会に行かなくても、自宅の近くに最先端があります。昔なら東京の流行は少し遅れて地方で流行りました。でも、コンビニは全国一斉に最新が配信されます。

だから、流行の最先端を交通費を掛けずに楽しめます。毎日コンビニで買い物は浪費ですが、月一程度なら許させる娯楽では無いでしょうか?

子供にも嬉しい

親御さんの都合でコンビニは一切使わないという人生は子供にとって最悪です。周りと話題を共有できないという大きな問題があります。だから、月に一回くらいは家族みんなでコンビニに行って楽しんでも良いと考えます。

もちろん、コンビニに限定するわけではなく、本物の遊園地や都会の流行の最先端、ファミレス、ファストフードも楽しんで下さい。もちろん、月にどれか一つと決めないと浪費になるので注意です。

Amazonで節約術



物が多くてお金がない人は既にあるもので楽しめば節約できます

  物が多いから貧乏という話を聞きます。そしてミニマリストのアドバイスとしては 「金持ちになりたければ物を減らす」 があります。たしかにお金持ちは物が少ない傾向にありますが、だからといって物を減らせばお金が増えるは短絡的な考えです。 厳しい話ですが、お金を増やしたければ「今ある物...